© 愛知県の外構【ニュートラル】オフィス名古屋のブログ All rights reserved.

ピクチャーウインドウから見る庭

建物と外構の関係性。

最近、お打合せで建物の外壁の種類や色、窓の位置、大きさ、間取り、防犯について、プライバシーについて等の様々なご質問をいただきます。何屋か分からないくらい真剣に外壁を選んだり、家具を選んだりしています。

私はハウスメーカーに10年間勤め(店長や商品・販売企画)、その後、外構の仕事を8年やっています。また、外構の仕事を始めてからも1億円程の家のリフォームとそれ以上の新築工事の設計、デザインを行いました。過去の経歴のお話しをするうちに、建物と外構、庭をトータルで客観的に見て欲しいというご要望は非常に多いです。

ニュートラルで外構工事をご契約いただいたお客様の家づくりは、各担当と私で全力で一緒に考えさせていただきます。

Before

ビフォア

After

ピクチャーウインドウから見る庭

ちなみに窓の前に庭をつくるだけでこんなに素敵な空間になります。ただ、建物と外構、庭を同時に設計するのはとても難しいです。一人の設計士が両方行う事が正解なのかも分かりません。しかし建物と外構、庭の関係性に「もっと満足する家づくり」があるのだと思います。現状、日本の家づくりの進め方の多くは「車が停まるであろうスペースを残して配置と間取りを考え、あとは余ったスペースに余ったお金で外構と庭をつくる」という感じだと思います。外構の方が施工も金額も自由度が高く、工事の順番も最後なので、そこにシワ寄せが行ってしまっています。外からの見た目はほぼ外構で決まるのに。庭に至っては最後の最後で、良くてウッドデッキです。「庭付き」一戸建てなのに・・・。家と庭で「家庭」なのに・・・。

外構ショップとして建物のアドバイスをするのか、ハウスメーカーさん・ビルダーさんと協力するのか、建物からつくるのか。これから家を建てるお客様と業界のために何が一番役に立てるのか、考えます。

来週は大手メーカーさん、工務店さん、設計士さんと打ち合わせなので、何か抜本的に変える新しい展開を模索していきます。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ガーデンブランドのレゾナンス

タカショー×ニュートラルの新ブランド「Resonance」発表。

10/22,23に東京流通センターで「タカショー ガーデン&エクステリアフェア2020」が開催されました。例年とは違い、オンライン展示会も同…

雑木の庭

雑木の庭、ライトアップ編。

ニュートラルがつくる雑木風の庭が完成しました。ライトアップ編です。まだ紅葉の時期ではありませんが、アオダモの葉が落ち始めたので、…

業務資本提携のお知らせ

この度、株式会社neutralはランドプロス株式会社(岐阜県 西尾浩志代表)と友好的な業務資本提携により、事業の将来に渡る発展を…

更なるコロナ対策。

7月度はコロナ禍にもかかわらず、過去最高となる受注をいただきました。心より感謝いたします。ありがとうございます。社員もみんなも暑い中、とても…

愛知県の芸術的なガーデン、衝撃のビフォーアフター。

衝撃のビフォア・アフターです。BEFORE愛知県のとある郊外にある、コの字で三面を部屋に囲まれた、30坪程の中庭。&…