© 愛知県の外構【ニュートラル】オフィス名古屋のブログ All rights reserved.

クリエラスクの施工例

クリエモカかクリエラスクか。

エクステリアでリクシルさんの商品をご提案する時、色で結構悩みます。インテリアでもそうなのですが、このクリエモカ、クリエラスクで結構迷う事があります。玄関ドアや建物に木目がある場合は単純に合わせれば良いですが、建物に木目が無いときはお客様の好みや描くイメージの掘り下げから始めないといけません。

 

クリエラスクのゲート

↑こちらはクリエラスクです。建物の縦格子と軒天の色に合わせています。逆光の写真を補正しているので、実物とは少し違います。

 

クリエモカのプラスG

クリエモカの施工例

↑クリエモカです。こちらは建物の玄関ドアの木目の色に合わせています。クリエモカの方が濃く、落ち着いた印象です。

 

クリエラスクの施工例

↑こちらはクリエラスクです。建物に木目が無かったため、お客様がインテリアでイメージされていた北欧テイストを表現するため、エクステリアではクリエラスクに黒のアクセントを用いました。軒の先だけ黒い部材をオリジナルで付けましたが、これだけでもかなり印象が変わると思います。

 

クリエダークの施工例 

↑ちなみにこちらはクリエダークです。柿渋よりも濃く、艶があり、和風テイストではない、高級感が出やすいこげ茶です。一番まとまりやすい、安心のカラーです。

 

いずれの施工例もお客様はお任せという感じなので、クリエモカでもクリエラスクでも良いのだと思います。ただ、結果素敵にしないといけないので責任重大ですが、必死で考える過程が大切であり、お客様のためだと思っています。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ガーデンブランドのレゾナンス

タカショー×ニュートラルの新ブランド「Resonance」発表。

10/22,23に東京流通センターで「タカショー ガーデン&エクステリアフェア2020」が開催されました。例年とは違い、オンライン展示会も同…

雑木の庭

雑木の庭、ライトアップ編。

ニュートラルがつくる雑木風の庭が完成しました。ライトアップ編です。まだ紅葉の時期ではありませんが、アオダモの葉が落ち始めたので、…

業務資本提携のお知らせ

この度、株式会社neutralはランドプロス株式会社(岐阜県 西尾浩志代表)と友好的な業務資本提携により、事業の将来に渡る発展を…

更なるコロナ対策。

7月度はコロナ禍にもかかわらず、過去最高となる受注をいただきました。心より感謝いたします。ありがとうございます。社員もみんなも暑い中、とても…

愛知県の芸術的なガーデン、衝撃のビフォーアフター。

衝撃のビフォア・アフターです。BEFORE愛知県のとある郊外にある、コの字で三面を部屋に囲まれた、30坪程の中庭。&…